PMS症状に悩む38歳女性にアンケート調査。イライラと便秘の症状

あなたの生理前の肉体的症状、精神的症状について具体的に教えてください

私がPMS症状を自覚してから15年近く経過します。PMS症状にも人によって様々だと思いますが、私のPMS症状で一番重いというか強いのは、なんといっても「とにかくイライラする」ことです。普段では別に気にならないことでもすぐにイラっときます。そして、甘いもの(特にチョコレート)が無性に食べたくなります。夕飯を食べて夜寝る前にまったりとしているときに「あー、甘いものが食べたい…」という衝動が襲ってきてしまいます。結局その衝動に負けて食べてしまうことが多いので、その結果太ります(涙)。なので、最近は生理前はお菓子の買い置きはしないようになりました。また、体の症状としてはむくみやすくなり、お腹周りが太って感じます。そして便秘になりやすくなります。とにかくお腹を中心とした体全体が重たいという感じで、不快感だらけです。生理前になると、早く生理がこないかなぁ…という気持ちでいっぱいになります。これらの症状は、生理が始まると嘘のように消えてしまいます。

生理前の症状で生活や人間関係にどんな支障があるか。どんなことが辛いか

私の生理前の症状で一番重く、かつ人間関係に支障があるのは「イライラ」です。初めてPMS症状でイライラを感じたときは仕事をしていたのですが、同僚に対してわけもなくイライラして仕方ありませんでした。全く同じように仕事をしているのに、心の中で「いいよ、わかったから!もう説明しなくていいよ!」とか、「うるさいなー、話しかけてこないで!」と悪態をついていました(汗)。もちろん大人なのでその心の声を顔や行動などに出さないように十分気をつけていたつもりではありましたが、もしかしたら同僚にも「なんか、今日は様子がおかしいなぁ…」と思われていたかもしれません。最近では生理前は子どもたちに必要以上に怒ってしまいます。普段はあまり無駄に怒らないようにしているのですが(もちろんいけないことはいけないと叱りますが)、生理前はイライラがつのっているので、普段では怒らないようなことで声を荒げて怒鳴って怒ってしまうことがあります。後で反省するのですが、どうしようもありません。子どもたちにも悪いなぁと思います。

生理前のPMS症状を改善、緩和させるために行ったこと

私が生理前の症状を改善させるために行ったのは、とにかくこのどうしようもないイライラを鎮めるため、できるだけストレス発散をしたりリラックスしたりすることです。私は体を動かすのが好きなので、ジムに行ったりして体を動かすのもイライラ解消に役立ちました。ちなみに今まで行った運動で一番PMS症状改善に役立ったのはキックボクシングです。20代のころに一時通っていたのですが、いわゆるボクシングのようなものではなく、ボクササイズというのか、音楽をかけながらリズムにのってキック・パンチをしたりするという女性向けのトレーニングです。キック・パンチというのは普段なかなかしない動作ですし(笑)、イライラした気持ちをふっとばすのにとても役立ちました。あとは、夜の晩酌をたまにハーブティーに変えました。寝る前にリラックスしながらハーブティーを飲むと、甘いものを食べたいという気持ちも少し落ち着きましたし、イライラも鎮められました。